発生する原因

顔同様、お尻はニキビが発生しやすい箇所です。多くの人が、お尻に発生してしまったニキビに悩まされています。ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂や汚れが原因で発生する炎症のことです。毛穴は全身にあるため、どの部位の毛穴にも皮脂や汚れが詰まる恐れがあります。そのため、顔以外にも発生することがあるのです。
その中でも特にお尻は、ニキビが出来やすい環境が整っている箇所です。椅子に長時間座っていると、お尻は擦れ刺激を受けてしまいます。また、ピッタリとしたズボンや下着の締め付けによりムレる恐れもあります。
摩擦などの刺激や、ムレなどが発生することで、お尻の角質が厚くなり新陳代謝が悪くなってしまいます。厚くなった角質が毛穴に詰まり、皮膚が炎症を起こし、ニキビになるというメカニズムです。
現代では、パソコンの普及によりデスクワークを主にしている人が増えています。長時間椅子に座り続けていることが原因で汗をかいてしまい、ムレへと繋がります。
肌に合わない下着の繊維が原因で、お尻の皮膚が荒れることもあります。他にも、ホルモンバランスの乱れや、ボディーソープの洗い残し、シャンプーやリンスがお尻に付着することで毛穴が詰まり炎症を起こす、といった原因が挙げられます。
また、お尻にニキビが発生してしまうと、椅子に座ったときに潰してしまい痛みが発生する恐れがあります。刺激を受けやすい箇所なので、治りづらく繰り返す危険性もあります。
正しくケアをして、適切な処置を施しましょう。